介護・医療同時改定に向けた通所系サービス(通所介護・通所リハ)がすべき機能分化準備セミナー (横浜会場)


開催日時
2017年09月09日
  10時00分〜15時30分
申込期限 2017年09月08日
会場名ウィリング横浜
会場住所神奈川県神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
googlemapsで見る
受講料15,000円(税・資料代込み)※午前または午後のみ8,000円
セミナー内容 【開催のねらい】
昨年の未来投資会議では今後の介護保険制度は高齢者の「予防・健康管理」「自立支援」に軸足を置く新たなシステムを2020年までに本格稼動させる方針を固めている。これは制度自体をレスパイト中心からアウトカム中心に見直すという意味合いがあり、次回改定以降の介護保険制度は大きな転換を迎える事となる。レスパイト中心のデイなどは基本報酬ダウンを覚悟するか、加算算定が急務となる。また、通所リハでは、リハマネ加算2を算定できない通所リハはデイへの転換をせまられるかもしれない。本セミナーでは、そのスタートラインに過不足なく立ち、今後も生き残れるデイ・通所リハとなるために必要な準備すべきことをお伝えします。

【セミナー内容】
10:00~12:00
「2018年同時改定に向けて通所介護の先手必勝の準備」
講師:小室 貴之 氏(在宅療養支援楓の風グループ 代表)
<内容>
・デイに求められる活動と参加の本質の理解
・すべてのデイは「活動」と「参加」を実践、個別機能訓練加算2を算定せよ
・5ー7、7ー9の1日滞在型デイは「認知症ケア加算」「中重度者ケア体制加算」が必須
・加算算定を念頭に置いた質を落とさず効果的な人員配置 ほか

13:30~15:30
「2018年の同時改定に向けて通所リハの先手必勝の準備」
講師:村井 千賀 氏(石川県立高松病院 主幹/作業療法士)
<内容>
・これからのリハビリ施設におけるリハビリテーションの展開
・社会参加支援、地域移行など利用卒業・回転率のアウトカム指標
・通所という機能!通所リハは「娯楽施設」ではない
・通所リハに求められる外来リハの代替としての機能
・医療機関から求められるリハビリ施設になるために ほか

【講師紹介】
小室 貴之 氏(在宅療養支援楓の風グループ 代表)
埼玉県出身。立教大学大学院修了。経営学修士(MBA)。民間企業、病院勤務、医療法人経営を経て2001年NPO楓の風を設立後、グループ代表に就任。 現在は株式会社楓の風にて訪問看護とリハビリ型デイを中心に在宅療養支援活動を展開している。最期まで地域で生きる社会の実現のために、まずは在宅看取り率20%の実現を目指している。 2014年10月に政府ファンドより直接出資を受け、国策として本活動に取り組む。現在、FCを含む通所施設は33施設、訪問看護16拠点、在宅療養支援診療所2箇所にのぼる。 著書に「ホスピタリティマネジメント」(2014白桃書房:共著)の他、業界紙にて連載多数。経営の傍ら日本ホスピス・在宅ケア研究会理事、厚生労働省リハビリテーションと機能訓練の機能分化とその在り方に関する調査研究委員会委員などを務める。

村井 千賀 氏(石川県立高松病院 主幹/作業療法士/元厚生労働省老健局 老人保健課課長補佐)
石川県出身。昭和57年3月に金沢大学医療技術短期大学部作業療法学科を卒業。同年4月にリハビリテーション加賀八幡温泉病院に勤務。昭和61年10月に石川県松任保健所に勤務し老人保健法における機能訓練事業を中心とした地域リハビリテーション活動、難病対策、寝たきりゼロ作戦を推進。以後、七尾保健所、小松保健所(現南加賀保健福祉センター)を経て、平成11年4月に石川県リハビリテーションセンター勤務。地域リハビリテーション支援体制整備推進事業の担当、国の介護予防モデル事業に従事する。平成18年4月に石川県健康福祉部健康推進課勤務となり、健康フロンティア、認知症対策、健康づくりの運動の推進を担当。平成19年4月に石川県立高松病院、地域連携室および石川県認知症疾患医療センター、医療介護連携副班長。平成22年3月に金沢大学医学系研究科後期課程を修了。平成26年4月に厚生労働省老健局老人保健課に出向。前回改定の「高齢者の地域における新たなリハビリテーションの在り方検討会」に携わる。平成28年4月より現職。高齢者が住み慣れた地域で自分らしく、生きがいや役割を持って生活できる地域の実現を目指すためには、生活期のリハビリテーションの役割と機能は重要であると考えている。

※セミナー詳細はこちらから
http://www.tsuusho.com/strategy/day/

お申し込みはコチラ


主催者日本通所ケア研究会
HPhttp://www.tsuusho.com/strategy/day/
会社・事業者概要 全国の介護従事者の知識や技術の向上と研究会会員の交流の場を持つことで情報交換を行い、介護が必要な方へのサービス向上に貢献をすることを目的とする任意団体。